OUTLINE

創業から100年、宇野港土地は地域とともに発展を続けます

かつて瀬戸内海沿岸で盛んだった塩田事業、当社はその塩業組合向けの土地管理・
活用のための組織として誕生しました。

そして昭和40年代半ば、地域社会からの時代の変化に即したニーズに応えるかたちで、
不動産活用に軸足を移しました。
その上ボウリング場経営という新しい事業にも進出しました。

そして平成の今、私たちは創業100年のノウハウと新時代のビジョンを持って、地域と
ともに新たな未来を切り開こうとしています。


会社DATA

商号
宇野港土地株式会社
本社所在地
〒706-0011 岡山県玉野市宇野1-11-1
TEL&FAX
0863-31-2881 / 0863-31-2358
創立
大正8年12月27日
資本金
1,350万円
代表者
代表取締役 宮原一郎
従業員数
25名(他にパート等20名)※平成30年3月度
関係会社
100%子会社 たまの湯株式会社、株式会社ジェイメッド
事業内容
不動産賃貸、温浴事業等経営、太陽光発電事業

沿革

1919年
資本金90万円で、宇野港土地株式会社創立。
初代社長に宮原秀一就任。
創立以来、昭和34年まで製塩業経営。

1941年
二代目社長に宮原虎之焏就任。

1972年
天満屋ハピータウン玉野店(現・宇野港土地ビル)竣工。
株式会社天満屋ストアにて、ハピータウンの1号店となる 「天満屋ハピータウン玉野店」の営業を開始。

同年
ハピータウンに隣接して宇野港ボウル竣工、ボウリング場の営業を始める。

1978年
三代目社長に宮原浩平就任。

1980年
岡山市箕島に天満屋ハピータウン妹尾店竣工。
株式会社天満屋ストアにて「天満屋ハピータウン妹尾店」の営業を開始。(2010年8月営業終了)

同年
宇野1丁目の営業用倉庫取得。
宇野港倉庫株式会社にて、倉庫業の営業を開始。

1988年
資本金を1,350万円に増加。

1991年
ホームセンターダイキ玉野店(当時、ディックホームセンター玉野店)竣工。
ダイキ株式会社にて、同社岡山県下2号店となるホームセンターの営業を開始。

1993年
天満屋ハピータウン玉野店増床移転。
ショッピングモール「メルカ」との共同大型複合商業施設として営業を開始。

1994年
宇野港土地ビル全面改装。
新規テナントとして1~3階に三井造船システム技研株式会社、 4階に株式会社日本情報管理システムが入所し事務所ビルとして営業を開始。

2003年2月
当社として初めてのカフェレストラン「a cafe」の営業を開始。
(2009年6月営業終了)

2006年3月
宇野港土地ビル全面改装。
1階に中四国最大級のレンタルビデオ店「TSUTAYA玉野店」がテナントとして 入居し商業ビルとして営業を開始。

同年3月
同ビル活用のため、隣接地に自走式立体駐車場「宇野港パーキング」を新築。

同年4月
同ビル1階で、当社として初めてのFC事業、 岡山県初出店のセルフカフェ「CAFE DI ESPRESSO 珈琲館」の営業を開始。

同年12月
同ビル2階にカラオケ「まねきねこ玉野店」がテナントとして入居。

2007年4月
宇野駅東に「駅東創庫 Gallery Minato」をオープン。

2008年3月
宇野港土地ビル2階に「コミック&インターネットカフェ Venite」をオープン。(2013年11月営業終了)

同年10月
マクドナルド岡山玉野店を竣工、日本マクドナルド株式会社にて、同社玉野市内初出店の営業を開始。

同年11月
宇野駅東に「宇野港フットサルコート」をオープン。

2009年5月
四代目社長に宮原一郎就任。

同年7月
宇野港ボウル1階に、焼きたてパン「ナチュール・リエゾン」をオープン。

同年9月
宇野港ボウル1階に、宅配ピザ「ストロベリーコーンズ宇野店」をオープン。(2012年3月営業終了)

2013年3月
宇野駅側に、「瀬戸内温泉たまの湯」をオープン。

同年8月
1.5メガ太陽光発電所建設。

2014年4月
1.26メガ太陽光発電所建設。

2016年4月
1.26メガ太陽光発電所建設。

同年10月
天満屋ハピータウン・メルカ運営管理受託。

2017年7月
「合同会社瀬戸内ヨットチャーター」設立。

2018年4月
宿泊型ヨットクルーズ営業開始。

同年4月
瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA営業開始。



主な取引先

主な取引銀行

  • 中国銀行 宇野支店
  • 百十四銀行 玉野支店
  • 三井住友銀行 岡山支店
  • おかやま信用金庫 玉野営業部
  • トマト銀行 玉野支店
  • 商工中金 岡山支店
  • 山陰合同銀行 児島支店
  •          (※順不同)